Excelの自動計算は四則演算か関数[自動計算機能はOFFになる]

今回の記事では

Excelの自動計算ってどうしたら出来るのかよく分からない

セルに数字を入力すると自動で計算してくれるって聞いたけどどうしたら良いの?

Excelで今まで自動的に計算してくれていたいのに何故か計算してくれない

どうしたらまた自動計算してくれるようになるのか分からないからどうにかして

こういった疑問に答えます

✔Excelの自動計算機能について理解しようのテーマ

①Excelで自動計算させるには四則演算か関数を使えば実現出来ます

②自動計算してくれない時は機能がOFFになっていないかチェック

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「Excelの自動計算機能について理解しようのテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

Excelで自動計算させるには四則演算か関数を使えば実現出来ます

Excelに自動計算してもらうには四則演算か関数を設定することが重要です

なぜなら、Excelに自動計算させるにはルールに従って設定しないと自動計算機能が働かないからです

Excelの最大のメリットは計算の自動化です

「自動化」と言っても特に難しい操作は必要ではないのでコツさえ掴めば簡単です

まずは、四則演算を使った自動計算の方法について見てみましょう

四則演算とは簡単に言うと「足し算・引き算・掛け算・足し算」のことです

では、実際の使い方などを元に解説していきます

今回はこんな感じの各種四則演算を使った自動計算の方法を解説していきます

まずは「足し算」について見ていきましょう

足し算

計算式はこれだけです

「C9のセル」に「=」と追加します

「=の後に足したいセル」をクリックして合計金額を求めるだけです

実際のやり方は

「=」を入力したら、足したいセルをクリックして選択

続けて「+」を入力したら「C5のセル」をクリック

コレを繰り返すことで「比較演算子を使った自動計算」が出来るようになりました

試しに「メバルの大きさを変更」してみると合計の大きさが自動的に計算されて変わります

これが、四則演算を使ったExcelの自動計算の基本です

では、他の計算式についても見ていきましょう

引き算

引き算の計算はこんな風に合計金額から正しい金額を引くことで、差額があるかどうかを自動で計算させる事ができます

本来は、差額は「プラスマイナス0」の状態が良いので今回のケースは不足しているということになりますね

こんな風に式を設定すると差額を自動で表示してくれます

では、引き算と合わせて掛け算も見ていきましょう

掛け算

「掛け算」も設定方法は基本的に一緒です

「=」の後ろに「掛けたい金額のそれぞれのセルを指定」することで掛け算の自動化ができます

今回の場合は金額を出したいので「金種×枚数」で計算します

もちろん、枚数を変更することで自動計算してくれます

ただ、注意点としては割り算の場合「×記号」ではなく「*(アスタリスク)記号」が掛ける機能の代わりになることを覚えておきましょう

では最後に「割り算」の設定方法を見てみましょう

割り算

割り算を使って「割引率」を出したいので式は「1-値引き金額÷通常販売金額」という式で計算出来ます

四則演算を使うとこんな感じです

ただ、掛け算と同じように割り算の記号は「÷記号」ではなく「/(スラッシュ)記号」になる点には注意して下さい

こんな風にExcelでの計算の基本はこんな風に「四則演算」を使うことです

簡単に自動計算は実現できるのでまずは基本を覚えておきましょう

最後に関数を使った自動計算も解説します

関数を使った自動計算

関数を使うと四則演算よりも簡単で早く自動で計算をしてくれます

ただ、四則演算で関数が使えるのは基本的に「足し算」だけです

その他の計算方法はたくさんの範囲を対象に計算することが少ないので関数として簡単にするまでも無い事が理由だと思います

では、SUM関数を使って四則演算の計算式を簡単にしてみましょう

合計を関数で設定するには「=sum(」と入力します

合計したい範囲を選択

エンターキーを押せば自動で合計数を表示してくれます

設定内容を確認すると「SUM(C4:C8)」となっていてこれは、「C4のセル~C8のセル」を合計してねという意味になります

もし、関数の機能を使った設定方法の方が分かりやすい場合は「Excelの足し算の基本は四則演算」という記事で解説してるので参考にして下さい

繰り返しになりますが、Excelに自動計算してもらうには四則演算か関数を設定することが重要です

自動計算してくれない時は機能がOFFになっていないかチェック

Excelで自動計算をしてくれない時は設定がOFFになっていないか確認してみることが大切です

なぜなら、誰かが勝手に設定を変えてしまった影響で自動計算が出来ない可能性が高いからです

まずは、自動計算の機能がちゃんと動いているか確認する方法から解説していきます

「数式タブ」の「ワークシート分析」グループにある「計算方法の設定」ボタンをクリック

「自動」にチェックが入っていれば問題ありません

もし、手動(自分の好きなタイミング)で計算結果を表示したい時は「手動」をクリック

「手動」にチェックが付いたら切り替え完了です

手動設定のまま通常販売金額を変更しても割引率は自動的には変わりません

手動状態で更新したい場合は「F9キー」を押すことで更新されます

もちろん、自動に戻したい時は切り替えればOKです

こんな風にExcelの自動計算は手軽に設定できるのでチャレンジしてみましょう

繰り返しになりますが、Excelで自動計算をしてくれない時は設定がOFFになっていないか確認してみることが大切です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。