Excelの表示がおかしい時は各設定を見直す[上手くいかない時は特殊な方法]

今回の記事では

Excelを使おうとしたらいつもの表示と違う

いつもと同じ表示方法に直すにはどうしたら良いの? 基本的な対処方法を知りたい

Excelの表示がおかしい時の基本的な対策方法は分かったけど他に気をつけることはある?

その他に気をつけておいた方が良い時を教えてほしい

こういった疑問に答えます

✔Excelの表示がおかしい時の対処法のテーマ

①Excelの表示がおかしい時は各設定を見直すのが最適解です

②基本的な対処方法でも上手くいかない時は特殊な方法で解決

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「Excelの表示がおかしい時の対処法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

Excelの表示がおかしい時は各設定を見直すのが最適解です

Excelを開いた時にシートの表示がおかしな時は各設定を見直すと元に戻すことが出来ます

なぜなら、多くの場合シートの表示がおかしい時はExcelの設定を正しくし直すことで修正出来る場合がほとんどだからです

それではExcelのシートの表示を修正する方法について具体的な対処方法を解説してきます

まずは、確認のために何も問題無い場合のExcelの表示内容を見ておきましょう

これが何も問題無い状態です

表示がおかしくなる場合は各設定をチェックし直すと元通りに出来るので、各チェックポイントを見直してみましょう

チェック1:シートが表示されていない時の対処法

まずは、シートがまるごと表示されなくなってしまった時の対処法から見ていきましょう

Excelを開くとこんな風に普通は「左下にシートが表示されている」のですが、全てのシートが無くなってしまうことがあります

この原因は「オプションの設定」にあるので対処方法を見てみましょう

「ファイル」をクリック

「オプション」をクリック

Excelのオプションダイアログが開くので「詳細設定」をクリック

画面真ん中あたりにある「次のブックで作業をするときの表示設定」の「シート見出しを表示する」をクリック

チェックが入っていることを確認したら「OK」ボタンをクリック

シートを確認するとちゃんとシートが表示されています

チェック2:あれ? さっきまで開いていたExcelどこ行った?

次はさっきまで表示していたExcelが見当たらなくなった時の対処法について解説します

このトラブルはすごく単純なので対処法は簡単なのですが、まさに「灯台下暗し」です

Excelが消えてしまったと思ったら、一旦落ち着きましょう

Windowsボタンの並び(タスクバー)にExcelのアイコンが表示されていませんか?

更にアイコン下に「青い線」(Windowsのバージョンによって多少違います)があればExcelは開いている状態です

これは、最小化しているだけなのでExcelのアイコンをクリックしましょう

「最小化」ボタンはExcelの右上に表示されている「-」マークなのでコレをクリックしている可能性が大きいですね

まずは、タスクバーを見る癖を付けておくとこのトラブルは避けられますよ

チェック3:シートの代わりにグレー一色が表示されてしまっている

次はシートの代わりにグレーの画面が表示されてしまっているので入力ができなくなってしまった時の解決法です

こんな風にExcelのシートがどこにも見当たらなくなってグレーの背景になってしまうことがあります

これは「ウィンドウを表示しないという設定がON」になってしまっていることが原因なので再表示をする必要があります

再表示のやり方はすごく簡単です

「表示」タブの「ウィンドウ」グループにある「ウィンドウの再表示」ボタンをクリック

「ウィンドウの再表示」ダイアログが表示されるので「OK」ボタンをクリック

その結果ちゃんとシートが表示されました

チェック4:シートが消えてしまった時の対処法

まずはシートが消えてしまった状態を確認しましょう

本当は「Sheet2」があるのですが、シートが非表示になっているので見えない状態になってしまっています

ではどうしたら再表示出来るのでしょうか?

やり方を見ていきましょう

「Sheet3」の上で右クリック

ショートカットメニューの中から「再表示」を選択してクリック

「再表示のダイアログ」が表示されるので「OK」ボタンをクリック

無事に「Sheet2」が再表示されました

Excelの表示トラブルと言っても色々とあるので困ったことがあったら試してみて下さい

繰り返しになりますが、Excelを開いた時にシートの表示がおかしな時は各設定を見直すと元に戻すことが出来ます

基本的な対処方法でも上手くいかない時は特殊な方法で解決

基本的な対処方法で上手くシートが表示されない時は少し特殊な方法で解決することが出来ます

なぜなら、Excelのトラブルは色々な原因があるからです

では、応用的な方法を使った表示トラブルにの対処法を解説していきます

改ページプレビュー機能で画面がグレー一色になった場合

Excelを開いた時にこんな風にグレーの背景しか表示されない時があります

これは、ウィンドウの非表示とにていますが原因は「改ページプレビュー」です

画面右下を見ると用紙が2枚重なったようなマークがあります

これが押されていると「改ページプレビュー」モードがONになった状態です

この状態で保存してしまうと最初からグレー一色になってしまいます

本来改ページは、印刷範囲を調整するモードなので何か入力されていれば分かりやすいですが、何も入力されていないとこんな風にグレー一色になってしまうという訳です

でも、対処方法は簡単です

画面右下の「格子」マークをクリック

これだけで「標準」の表示モードになるので解決出来ました

Excel自体に問題があって表示出来ない時の対処法

Excelを頻繁に使っているとExcel自体の調子が悪くなってグレー一色の表示しかしてくれない場合があります

最後にそんな時の対応方法を解説します

まず、「タスクマネージャー」という機能を呼び出します

方法は、「Ctrlキー+Altキー+Delキー」を押します

コツは、「CtrlキーとAltキー」を押しながら「Del」キーを押します

画面が変わった先で「タスクマネージャー」の文字をクリック

タスクマネージャーのダイアログが表示されるので「Microsoft Excel」をクリック

右下の「タスクの終了」ボタンをクリック

アプリの一覧からExcelが消えればExcelが終了します

但し、タスクとは仕事という意味でタスクマネージャーはソフトを強制的に終了させるための機能です

この方法はExcelが操作を一切受け付けなくなってしまった時に活用するためのモノなのであまり使わないのが一番です

最後の手段で使うようにしましょう

こんな風にExcelには表示に関する問題が起こった時の対処法があるので、困ったらこの記事を参考にしてみて下さい

繰り返しになりますが、基本的な対処方法で上手くシートが表示されない時は少し特殊な方法で解決することが出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。