ピボットテーブルで復数条件の絞り込みはフィルター活用[スライサーならより便利]

今回の記事では

ピボットテーブルで復数の条件で内容を絞り込むにはどうしたら良いの?

基本は分かるけど条件の絞り込みになるとどうしたら良いのか分からなくなる

条件をフィルターで絞り込むと複雑で分からないことが多い

もっと簡単に絞り込めたら分かりやすいけど簡単に分ける方法なんてあるの?

こういった疑問に答えます

✔ピボットテーブルを復数条件で設定する方法のテーマ

①ピボットテーブルで条件を絞り込むにはフィルターの使い方を覚えるのが正解です

②フィルター機能よりも簡単で複雑な絞り込みをするにはスライサーがベストです

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「ピボットテーブルを復数条件で設定する方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

ピボットテーブルで条件を絞り込むにはフィルターの使い方を覚えるのが正解です

ピボットテーブルで条件を絞り込むにはフィルターの設定を覚えてしまうのが正解です

なぜなら、ピボットテーブルの条件設定はフィルター機能を使って操作するのが基本だからです

では、ピボットテーブルで条件を絞り込む方法について解説してきたいと思います

ただ、今回は「データベースシート」と「ピボットテーブルシート」というそれぞれのシートが作られている前提になります

もし、ピボットテーブルづくりに不安がある場合は「ピボットテーブルは情報分析に特化した表」という記事で解説しているので参考にして下さい

データベースシートはこんな感じです

ピボットテーブルはこんな感じです

では、このピボットテーブルの条件を絞込んでいきましょう

基本操作はすごくシンプルで簡単に設定出来るので気軽に設定していきましょう

まずは基本的な絞り込みとして店舗を限定してみましょう

フィルターフィールドの店舗項目をクリックして「市川店」をクリック

「OK」ボタンをクリック

これで店舗が1店舗に絞り込めたのでピボットテーブルの内容は市川店だけの内容に変更されました

では、この状態から更に条件を絞り込むために年数を[2021年]だけに設定してみましょう

日付に関する設定は行ラベルの項目になるので次のように設定します

ピボットテーブルの年数をクリックした上で行レベルの「▼」をクリック

「(すべて選択)」のチェックボタンをクリックしてチェックを外します

「2021年」をクリックして「OK」ボタンをクリック

これで「2021年」だけに絞り込みが出来ました

つまり、今の状態だと「市川店の2021年の一覧表」という復数の条件を満たすピボットテーブルが出来上がったという状態になります

こんな風にピボットテーブルで復数の条件を設定したい場合は、限定したい対象のフィールドを指定して一つずつ条件に合わせて設定してあげましょう

尚、ピボットテーブルでフィルターを上手に設定する方法については「ピボットテーブルのフィルター機能は場所が重要」という記事で詳しく解説しているので参考にしてみて下さい

最後にメーカーを「スノーピーク」に絞り込んでみましょう

メーカー名を選択しておいて「列ラベル」のフィルターボタンをクリック

「(すべて選択)」のチェックボックスをクリックしてチェックを外す

「スノーピーク」を選択して「OK」ボタンをクリック

その結果「市川店の2021年のスノーピーク社」のシングルバーナーの販売実績に絞り込むということが出来ました

こんな風にピボットテーブルで復数の条件を絞り込みたい時は、フィールドボタンを活用してあげることで簡単に複雑な条件のピボットテーブルを作ることが出来ます

繰り返しになりますが、ピボットテーブルで条件を絞り込むにはフィルターの設定を覚えてしまうのが正解です

フィルター機能よりも簡単で複雑な絞り込みをするにはスライサーがベストです

フィルター機能を使った複数条件の絞り込みはスライサー機能を使えばもっと直感的に設定することが出来ます

なぜなら、スライサー機能はクリック操作だけでフィルターに結果を反映することが出来るからです

それでは具体的な操作をしながら、スライサーについて解説していきます

最初に前半で設定した内容は全てクリアした状態で解説をしていきます

もし、フィルターのクリア方法がいまいち分からない場合は、「ピボットテーブルのフィルター機能は場所が重要」という記事で詳しく解説しているので参考にしてみて下さい

まずは、スライサーを表示させてみましょう

スライサーは簡単に言うとフィルター機能の内容をパッと見で分かるようにしてくれる機能です

つまり、スライサーを使えばフィルター機能を使うよりも簡単に絞り込みをすることが出来る便利な機能という訳です

ピボットテーブルの好きな場所をクリックした状態で「ピボットテーブルツール」の「ピボットテーブル分析タブ」にある「フィルターグループ」の「スライサーの挿入」ボタンをクリック

スライサーの挿入ダイアログが表示されるので「店舗」「メーカー」「年」3項目をクリックして「OK」ボタンをクリック

この3つは前半でも設定したフィルターの設定項目です

他にも表示出来ますが、あとからでも表示出来るので必要最低限の項目だけ表示するようにしましょう

スライサーだらけになると余計分かりにくくなってしまうので

スライサーが表示されたら、適当な位置に移動しておきましょう

移動方法は、タイトル部分にマウスカーソルを持っていって「白い矢印+十字の矢印」の状態でドラッグ・アンド・ドロップすればOKです

次は店舗を「浦安店」に絞り込みたいので「店舗のスライサーの浦安店」をクリックします

その結果、ピボットテーブルの「フィルターフィールドの内容が浦安店」になります

こんな風に「スライサー=フィルター設定」なので、より直感的にフィルター設定をしたい場合は、スライサーを使うようにしましょう

続いて年度を「2022年」に絞り込みたいので年スライダーの「2022年」をクリックして絞り込んでみましょう

年のスライサーで2022年をクリックするとこんな風に条件を更に絞り込むことが出来ます

では最後にメーカー名を2社を選択する方法とスライサー(フィルター)の解除方法について押さえておきましょう

スライダーのリストのようなマークは復数項目の選択をしたい時にクリックしてONにします

今回は「イワタニとソト」を表示したいのでその他の項目をクリックします

つまり、「非表示にしたい項目」をクリックすることで復数の項目を表示することが出来ます

感覚的には表示したい項目をクリックしそうになりますが、反対の操作になるのでその点は気をつけて下さい

これで、スライサーを使った復数の条件の絞り込みは以上です

最後にスライサー設定の解除とスライサーの削除(非表示)方法について解説します

スライサーのフィルター設定の解除は「フラスコマークに×」のマークをククリックするだけです

簡単ですね

また、スライサー削除するにはスライサーを選択した状態で「Del」キーをクリック

これだけなので、表示したり非表示にしたりするのはとっても簡単です

繰り返しになりますが、フィルター機能を使った複数条件の絞り込みはスライサー機能を使えばもっと直感的に設定することが出来ます

オススメのピボットテーブルの解説書 5選

ピボットテーブルを本で学ぶ時は次に上げるものがオススメです

本はいつでも見ることができ知識の宝庫なので読んで損なしです

スキマ時間などを活用して本で独学や教わったことを復習するなど活用の幅はたくさんあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。