Excelのユーザー設定リスト登録は簡単[削除や編集もオプション設定]

今回の記事では

Excelの「ユーザー設定リスト」って聞いたことあるけどどうやって使うの?
基本的な使い方や設定方法をなるべく簡単に教えて欲しい

「ユーザー設定リスト」を簡単に登録したり、編集や削除はどうしたら良いの?
変更したり、不要になったら削除する方法など基本的なことは押さえておきたい

こういった疑問に答えます

✔Excelでユーザー設定を管理する方法のテーマ
①Excelのユーザー設定リストの登録はオプションから簡単に追加出来ます
②ユーザー設定の内容を削除や編集をするならオプション設定で解決可能

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら
ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に
「Excelでユーザー設定を管理する方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

Excelのユーザー設定リストの登録はオプションから簡単に追加出来ます

ユーザー設定リストを登録する時はオプションの設定から簡単に出来ます

なぜなら、ユーザー設定の追加はオプションからしか設定することが出来ないからです

それでは、具体的なユーザー設定リストの追加方法について解説していきます

まず、「ユーザー設定リスト」とは何のことでしょうか?

簡単な例を見てみましょう

A1のセルに「日」と入力します

「オートフィル機能」を使って8行目までコピーします

その結果、8行目が「日」になりました

これが、「ユーザー設定リスト」機能です

とは言っても良くわからないですよね

普通、オートフィル機能を使うと「日」と入力した場合は「日・日・日・日」といった感じで同じ文字が入力されます

ところが今回の場合は「日・月・火・水・木・金・土・日・……」と言った具合に曜日を表す順番で自動的に文字の入力をしてくれました

これは、ユーザー設定リストに登録されているのでこんな事が出来てしまいます

では、次にユーザー設定リストの場所を確認してみましょう

ユーザー設定リストはオプションで確認できます

ユーザー設定リストは少し特殊な場所にあります

「ファイル」タブをクリック

「オプション」ボタンをクリック

「詳細設定」をクリック「ユーザー設定リストの編集」ボタンをクリック

ユーザー設定リストの中に「日~土」の登録がされています

これが「日」と入力してオートフィルでコピーをした時に曜日として入力出来た正体です

つまり、自分で作ったオリジナルのルールでもユーザー設定リストに反映させればオートフィル機能で自動的に入力出来るということです

次はオリジナルのリストをユーザー設定のリストに追加する方法について解説していきます

手動でリストに追加する方法

まずは、手動でリストを追加する方法から見ていきましょう

今回は、この魚のリストを元にユーザー設定のリストを追加してみましょう

ユーザー設定リストの管理ダイアログを開いたら「リストの項目」に追加したい項目名を入力していきます

1項目ずつ改行してリストを作ります

リストが出来たら「追加」ボタンをクリックします

ユーザー設定リストに追加されたら「OK」ボタンをクリック

オプションのダイアログが表示されるので「OK」ボタンをクリック

シートの空いている場所に「クエ」と入力

オートフィル機能を使ってコピーするとちゃんとリスト通りに魚の名前が表示されるようになりました

分かってしまえば簡単ですね

次はもっと簡単な方法でユーザー設定リストを追加してみましょう

シートのリストを使ってユーザー設定リストを追加する

ユーザー設定リストを一番簡単に追加する方法がシートのリストからインポートする方法です

やり方はすごく簡単です

まずは「B3~B14」のセルを範囲選択します

ユーザー設定リストのダイアログの「インポート」ボタンをクリック

ユーザー設定リストに追加されたら「OK」ボタンをクリック

これで完了です

直接入力するよりも簡単なので試してみて下さい

繰り返しになりますが、ユーザー設定リストを登録する時はオプションの設定から簡単に出来ます

ユーザー設定の内容を削除や編集をするならオプション設定で解決可能

ユーザー設定のリストの内容を削除したり編集するならユーザー設定リストのダイアログから設定出来ます

なぜなら、ユーザー設定リストの編集はダイアログからしか編集出来ないからです

最後にユーザー設定のリストを編集・削除する方法について解説します

すごく簡単なのでサクッと出来ますよ

前もっとユーザー設定のリストダイアログを開いておきましょう

項目を編集したいリストを選択

例えば「アジ」を削除したい時は「アジ」という項目を削除

削除出来たら「OK」ボタンを押す

ワークシートでオートフィルでコピーすると「ヒラメの次がクエ」になって「アジ」が削除されたことが分かります

追加したい時は、「改行して項目名を追加」すればOKです

次はリストごと削除したい場合です

「ユーザー設定リスト」から削除したいリストを選択

「削除」ボタンをクリック

「リスト削除の確認用ダイアログ」が表示されるので「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

「クエ」と入力してオートフィルでコピーしても「クエがコピー」されるだけの普通の状態に戻りました

こんな風に設定までに手間が掛かりますが、オリジナルの並べ替えやリストを手軽に設定したい場合は、ユーザー設定のリストを活用していきましょう

くり返しなりますが、ユーザー設定のリストの内容を削除したり編集するならユーザー設定リストのダイアログから設定出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。