置換機能でサクッとスペース削除[TRIM関数ならめちゃ簡単に削除可能]

今回の記事では

セルに入力されている文字のスペースを簡単に削除する方法って無いの?

パッと見じゃ分からない場合や色々な種類が混ざっている文字から簡単にスペースを削除したい

氏名を分けるためのスペースは残しておきたいけど、その他のスペースはキレイに削除したい

そんな便利な方法があれば作業が楽になるけど、そんな方法ってあるの?

こういった疑問に答えます

✔入力した文字のスペースを簡単確実に削除する方法のテーマ

①置換機能を使えば色々なパターンでサクッとスペースを削除出来ます

②TRIM関数を使えば文字区切り以外のスペースをサクッと削除出来ます

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「入力した文字のスペースを簡単確実に削除する方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

置換機能を使えば色々なパターンでサクッとスペースを削除出来ます

置換機能を使えば全角や半角スペースが混じった文字列からでも簡単にスペースを削除することが出来ます

なぜなら、置換機能でスペースを指定することで自動的にスペースだけを削除する事が出来るからです

実務では複数の人が関わるため文字列に余計なスペースが入力されている事が日常的にあります

なぜなら、普段そこまでOfficeソフトを使うことが無いので本人も気づかないうちに余計なスペースを入力してしまうことがあるからです

また、普段から使っていたとしてもスキルや経験・感性・性格などの理由からセル内の文字に余計なスペースを入力してしまっていることもあります

でも、スペースはパッと見分からないのでこれが厄介です

今回は、そんなセルに入力されている無駄なスペースをサクッと削除する方法について解説します

やり方はめっちゃ簡単なので心配しなくて大丈夫ですよ

まずは、結果から見ていきましょう

こんな風に全半角が混ざった氏名から全てのスペースを削除するには、置換機能を使えばあっという間に修正出来てしまうので詳しいやり方を見ていきましょう

作業する前に氏名にどんなスペースが含まれているか見てみましょう

今回スペースを目に見える形にするためにWordを合わせて使いますが、実際に作業する時はExcelだけで大丈夫です

Wordへの貼り付け手順も念のため解説します

まずは、氏名の範囲をコピー

Wordに切り替えて「テキストのみ保持」で貼り付け

これでスペースが見やすくなりました

半角は「・」全角は「▢」で表示されるので一目瞭然ですね

もし、スペースが表示されない場合は、「編集記号の表示/非表示」ボタンをONにしましょう

では、続きはExcelに戻って作業しますよ

まず、スペースを削除したい範囲を選択します

「ホーム」タブの「分析」グループにある「編集」項目の「検索と選択」ボタンをクリック

「置換(ちかん)」ボタンをクリック

「検索する文字列」に「全角か半角のスペース」を入力(今回はどちらでもOKです)

「置換後の文字列」には何も入力しない

「すべて置換」ボタンをクリック

置換した件数が表示されるので「OK」ボタンをクリック

「検索と置換」ダイアログに戻るので「閉じる」ボタンをクリック

その結果、全てのスペースを削除することが出来ました

Wordで確認してもちゃんとスペースは消えています

これが一番シンプルなスペースの削除方法です

「スペースを何も無いものと置換」しているので「スペースを削除する」と同じ意味になります

この特徴を利用すると色々と便利なので覚えておくのがオススメです

全角と半角スペースを判断して削除する

最後に「全角と半角」を判断して各スペースを削除する方法について解説します

置換範囲を選択

置換機能を呼び出すのに今回はショートカットキーを使ってみましょう

「Ctrlキー+Hキー」で「検索と置換」ダイアログが表示されます

「オプション」ボタンをクリック

オプション機能が表示されるので「半角と全角を区別する」のチェックボックスをクリック

全角スペースを「検索する文字列」に入力して「すべて置換」ボタンをクリック

置換結果が表示されるので「OK」ボタンをクリック

これで「全角スペースの削除」が出来ました

Wordで確認してみるとちゃんと「全角スペース」が削除されています

「半角スペース」も削除機能を使うことでキレイに削除することが出来ます

こんな風に「全半角のスペース」を分けて置換する事ができるので目的に合わせて活用してみましょう

繰返しになりますが、置換機能を使えば全角や半角スペースが混じった文字列からでも簡単にスペースを削除することが出来ます

TRIM関数を使えば文字区切り以外のスペースをサクッと削除出来ます

TRIM関数を使えば文字列の半角スペースを1つ残してその他のスペースをサクッと削除出来ます

なぜなら、TRIM(トリム)関数はスペースを上手に削除して単語同士の間にスペースを1つだけ残してくれる専用の関数だからです

TRIM関数の使い方はすごく簡単なのでサクッと作業をしてみましょう

では、実際のやり方を解説します

TRIM関数の基本的な使い方は「=TRIM(文字列)」これだけです

「D2のセル」に「=TRIM(A2)」と入力します

「D2のセル」の式をオートフィルで「D6のセル」までフィルコピーします

これで「姓名の間に1スペース残した文字列」が出来ました

Wordで確認してもちゃんと無駄なスペースは削除されて、名字と名前に半角のスペースが設定されています

こんな風にめちゃくちゃ簡単にキレイな文字列を作ってくれるので、今回のようなケースであれば「TRIM関数」を積極的に活用してみて下さいね

繰返しになりますが、TRIM関数を使えば文字列の半角スペースを1つ残してその他のスペースをサクッと削除出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。