【至急確認】今すぐGoogle Analyticsの設定を確認しよう!! 設定は簡単。大切なデータを守るためすぐに行動を!!

Google Analytics(グーグル・アナリティクス)を利用している方は全員確認!!

 

Google Analyticsの仕様が変更になった為、至急!!以下の操作をして下さい。

目的は、Google Analyticsの蓄積データを守ることです!!

 

変更の期限は、2018年5月25日ですが、今すぐに対処して下さい。

説明は本文の後半でお話します。

 

【設定の変更手順】

Google アナリティクスにログインします。

(画面上部にメッセージが表示されていると、未設定の可能性があります。)

②「管理」をクリックします。

 

③[プロパティ] 列の[トラッキング情報] → [データ保持] をクリックします。

 

④「ユーザーデータとイベントデータの保持」ウリック。「自動的に期限切れにならない」をクリック

⑤保存ボタンを押します。

 

以上で設定完了です。

お疲れ様でした。では、今回の緊急対応について説明します。

 

まず、私のように2018年4月12日の Analyticsのメールを「ふ~ん。仕様が変わるんだ~。」って思って

おもむろにゴミ箱に捨てた人手を上げて!!

はい。お仲間ですね。

 

でも、このメール実はとっても大事なことが書かれていたんです。

ざっくりお話すると、要点は2つです。

 

1.EU user consent policy(直訳:EUユーザー同意ポリシー)についての知らせ

「個人情報の保護と適正な管理」に関する法律がEUで出来ました。

内容は、自分で自分の個人情報をコントロールする権利を保証することです。

 

つまり、企業は個人情報を利用することがあるという旨をユーザーに伝え、必ず同意してもらう必要がありますよ。

そして、Googleもそのルールに従ってAnalyticsの仕様を変更するね。ということです。

日本で言うところの「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」のEU版といったところですね。

詳しく知りたい場合は、NTTデータ先端技術株式会社様のサイトが分かりやすいですよ。

 

2.「法改正に合わせてGoogleAnalyticsのユーザーのアクセス情報の仕様を変えたよ」という知らせ

そのため、2018年5月25日以降システムが新しくなるから、過去のデータは全て消すんで

今のうちに設定を見直しておいてね。

 

以上がそのメールの内容です。

もし、メールの内容が気になったら、タイトルの一部を置いておくので検索してみると見つかりますよ。

Google Analyticsのデータ保持および一般データ保護規制に関する重要な更新プログラム(GDPR)

実際のメールタイトルの一部を引用

 

ただ、メールの内容がすごく分かりにくいので、今のうちに上記の方法で「Analyticsの設定」を済ませておきましょう。

翻訳機能を使っても内容が理解しづらいので、参考にしてみて下さいね。

 

▼Analyticsのヘルプも確認したい場合はここから確認出来ます。

アナリティクス ヘルプ_データのプライバシーとセキュリティ

 

今回は、以上です。

また、この記事をSNSなどで拡散していただけると助かります。

期限が近づいているので協力してもらえると嬉しいです。

 

また、プロモニスタ様のサイトも見易いのでもし、ご協力いただける場合は

どちらのサイトでも構いませんので、紹介しやすい方で広げてもらえるとありがたいです。

 

よろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です