Google日本語入力で快適入力環境を手に入れろ!!

今回は、Googleが無料で提供してくれているIMEについてのご紹介です。

まず、IME(アイ・エム・イー)とは、Input Method Editor(インプット・メソッド・エディター)の略で文字の入力をサポートしてくれるソフトのことを言います。

日本語の場合は、「ローマ字」を入力すると「ひらがな」「カタカナ」「漢字」などに変換してくれて入力をサポートしてくれます。

つまりパソコンやスマホなどで文字を打つときに必要のソフトなので、普段からすごくお世話になっているソフトと言うことですね。

Windowsの場合は、「Microsoft IME(マイクロソフト・アイ・エム・イー)」というマイクロソフト社制のIMEが最初からインストールされています。

「文字入力」のことなんて気にしたことがない人がほとんどですが、Google IMEにはMicrosoft IMEに無い便利な機能もあるので、試してみる価値大ですよ。

また、スマホ(Android)のIMEについても紹介していくので、気になったらぜひ使ってみて下さいね。

詳しくは本編で解説していくので、早速へ行ってみましょう!!

Google IMEって何?

今回紹介するIMEは、google社が開発した「Google日本語入力」というソフトです。

Androidスマホでは、最初からインストールされているので見覚えがある人もいるかも知れませんね。

Google日本語入力には、次のような特徴があります。

  • 入力内容の補完機能
  • 最新の語彙(ごい)を常にアップデート
  • 絵文字・顔文字変換が簡単
  • 英単語の変換が便利
  • 郵便番号から、住所を入力出来る
  • 「今日」などと入力すれば、日付に変換してくれる
  • 間違いやすい文字を「正しい文字の入力候補」を表示してくれる
  • 音声入力に対応(スマホの場合)
  • Windows・Mac・Androidの各OSに対応

各機能の詳細は、Google日本語入力の公式ページで紹介されているので、参考にしてみて下さい。

では、早速Google日本語入力のインストールの方法から、機能の特徴をMicrosoft IMEと比較しながら見てきましょう。

Google日本語入力をインストールしよう

まずは、Google日本語入力の公式サイトに行ってみましょう。

インストールの方法は次の通りです。

すごく簡単なのでマスターしちゃいましょう。

①「WINDOWS版をダウンロード」ボタンをクリックしましょう

Windows以外のOSで使いたいときは、ページの一番下に各OS版のリンクボタンがあるのでそれぞれのページからダウンロードします。

②「同意してインストール」ボタンをクリックします

③ファイルを保存をクリックします

④ダウンロードした「GoogleJapaneseInputSetup.exe」ファイルをダブルクリックします

⑤いくつかの確認項目が表示されますが、そのまま「OK」ボタンをクリックします。

これで、Google日本語入力のインストールは終わりです。

めっちゃ簡単ですよね。

次は、Windows標準の「Microsoft IME」と「Google日本語入力」の切り替え方から便利な使い方を比較して紹介します。

Google日本語入力の切り替え方法と便利な使い方

次は、Google日本語入力の切り替え方について見ていきましょう。

Google日本語入力は、ただインストールしただけだと、まだ使えないんです。

理由は、Microsoft IMEが文字入力のソフトとしてちゃんと動いてくれているので、IMEソフトを切り替える必要があります。

でも、切り替え方法はすごく簡単なのでやり方をサクッと見ていきましょう

①Microsoft IMEのマークをクリックします。

ポイント

IMEの切り替えをしたいときは、「あ」や「A」の文字の一つ右のマークをクリックするのがポイントです

②Google日本語入力が上に表示されるのでクリックしましょう

③IMEが切り替わると、アイコンが変わります

オプションを設定したいときは、「あ」や「A」の文字の上で右クリックをします。

IMEのアイコンの上で右クリックをしても、オプションの設定は出来ないので注意しましょう。

④オプションの設定を変更したいときには、表示されたメニューの中から任意の項目を設定していきます

以上でIMEの切り替えは終わりです。

とっても簡単ですよね。

もし、Microsoft IMEをもう一度使いたくなったら、同じ手順で切り替えるだけなので手軽に使ってみましょう

郵便番号から住所を入力

注意

これから紹介する変換を使った便利な機能は、日本語入力モードで入力しましょう。
直接入力モード(英語や数字を半角で入力する)を使うと変換出来ないので注意が必要です

Google日本語入力のオススメ機能の一つ目は、郵便番号を入力すると住所に変更してくれる機能が凄いんです。

ではどんな風にすごいのか

Microsoft IMEとGoogle日本語入力を使って比較してみましょう。

比較のために「260-0005」と郵便番号を入力して、変換候補の内容を比較してみましょう。

変換候補とは、この文字をどの文字に変更しますか? という候補を一覧で表示してくれる機能のことです。

Microsoft IMEの場合は、「半角・全角・住所」の3パターンの変換候補が表示されました。

住所に変更するだけなら、Microsoft IMEでも問題なく変換してくれますね。

さすがMicrosoft素晴らしいです。

対するGoogle日本語入力は、「住所・郵便番号+住所・全角・半角」というように「郵便番号+住所」という変換候補があります。

これ、意外と便利ですよね。

郵便番号と住所が一緒に表示されれば、両方一緒に確認できるので間違いや入力ミスが減ります。

頻繁に使う候補では無いですが、ちょっと気が利く機能です。

日付は文字で入力しよう

次は、日付の入力についてです。

日付の入力といえば、「2021/12/25」のように数字と斜線(スラッシュ)を使って入力しますよね。

でも日付の入力って面倒じゃないですか? 私はたくさん日付を入力するのは、面倒なのであまり好きではありません。

しかも、日本語入力モードになっていると間違えて途中で変換しちゃって

「ぬわぁ~~~~!!!!」ってなったりしませんか? 私だけですかね。

そんな時に便利なのが、日本語で「今日」や「明日」と入力して変換するだけで日付に変換してくれる機能がとっても便利なんです。

今回もMicrosoft IMEと比較して便利さを見てみましょう。

これが、Microsoft IMEで「今日」「明日」「昨日」と入力してみた結果です。

色々な漢字の候補は表示されますが、日付に関する表示は無いですよね。

次は、Google日本語入力で同じ入力方法をした場合です。

色々な日付や曜日だけの変換候補が表示されます。

比較すると、上がMicrosoft IMEで下がGoogle日本語入力で入力した結果です。

明らかに結果が違いますね。

この機能はGoogle日本語入力の強みだと思うので活用しちゃいましょう。

すごい昔や遠い先の未来の日付なら、日付を直接入力した方が早いんですが実務でそこまで遠い日付を入力することは、そこまで多くないですよね。

ちょっとした差なんですが、私はこの機能にすごく助けられています。

意外と便利なので、ぜひ活用してみて下さいね。

スマホでもGoogle日本語入力を使ってみよう

次はスマホでもGoogle日本語入力を使ってみましょう。

Android限定ですが、スマホでもGoogle日本語入力を使うことが出来ます。

但し、2021年2月現在ではGoogle日本語入力の代わりに「Gboard(ジー・ボード)」に更新を促されるのでこれから使い始めたい人は、Gboardの公式サイトからインストールしましょう。

もし、Google日本語入力しか利用できないスマホの場合は、Google日本語入力の公式サイトからインストールしましょう。

基本的にスマホの場合は、Google日本語入力が最初から設定されているので、何もしなくても使い始められますよ。

今回は、Gboardを使って操作説明をしていきますね。

使い方についてはとっても簡単です。

文字を入力する時は、「あ~わ」の文字をロングタップしましょう。

上下左右にフリックすることで、「あ行・さ行」などから目的の文字を選択します。

このフリック入力の方法は、慣れるまで大変かもしれませんが慣れてしまえばスムースに入力できます。

キーボードの色を変更する場合は、「パレットマーク」

記号や絵文字を入力したいときは、「記号マーク」

音声入力で文字を入力したいときは。「マイクマーク」

をそれぞれタップして活用しましょう。

テーマは単色への変更から、写真を設定したりすることができます。

シンプルなキーボードに飽きてしまったら、変更してみるのも良いですね。

絵文字や記号は、たくさんの種類があるので目的に合わせて活用してみましょう。

音声入力は、マイクマークをタップして話しかけるだけです。

話しかけた文字は漢字などに自動で変換してくれるのですごく便利です。

長文の場合は特に便利で変換の精度も高いので使わない手は無いですよ。

スマホの方がGoogle日本語入力(Gbord)の性能が生きてくるので、スマホをメインで使う人でも十分に活用できますね。

まとめ

さて、今回の話は役に立ちましたか?

IMEソフトは基本的に文字を入力することを専門にしているソフトなので、それ以上のことは出来ませんが私のように普段、経理関係やパソコンの操作・ブログを入力する人にとって変換効率は無視できない重要な機能です。

より短い文字数で多くの文字の入力がスムースにできると、効率がグッと上がるのでぜひGoogle日本入力を試してみて下さいね。

私も有料で一番有名な「ATOK(エイトック)」というIMEソフトも併用しますが、Google日本語入力はそんなソフトにも負けない機能を持っています。

検索機能で培ったノウハウと検索データから反映される変換技術は、さすがGoogleが作ったソフトだと感動させてくれます。

しかも、無料で使えるので使わない手は無いですね。

ぜひ活用してより良いパソコンライフを過ごして下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が、少しでもお役に立てたら幸いです。

(^_^) それではまた、お会いしましょう。 バイバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です