条件付き書式のセルの塗り分けは簡単[文字色の設定も基本が重要]

今回の記事では

Excelの条件付き書式を使ってセルの色を塗りつぶすにはどうすれば良いの?

文字列によって塗り分けをするにはどうしたら良いの?

条件付き書式を使って文字列の色を変更するにはどう設定するのが良いの?

なるべく簡単な方法で色分けできたら便利なんだけど

こういった疑問に答えます

✔条件付き書式を使ってセルや文字列を塗り分ける方法のテーマ

①条件付き書式を目的に合わせて設定すればセルの塗り分けは簡単にできます

②文字色を条件によって分けるには条件付き書式の基本が分かっていればOK

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「条件付き書式を使ってセルや文字列を塗り分ける方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

条件付き書式を目的に合わせて設定すればセルの塗り分けは簡単にできます

条件付書式は目的に合わせて設定してあげればセルの塗り分けは簡単に出来ます

なぜなら、条件付書式とは読んで字の如し条件に合わせて書式を設定してくれる機能だからです

まずは、条件付書式を使った条件に合わせたセルの塗りつぶしの完成形を見ていましょう

今回のケースは、種類項目にある「テント」だけに背景色を塗っています

コレが一番シンプルな条件に合わせた塗り分け方法の結果です

では今回の設定に関して解説していきます

設定したい範囲を選択

「ホーム」タブの「スタイル」グループにある「条件付書式」をクリック

「セルの強調表示ルール」をクリック

「文字列」をクリック

「B2のセル」に入力されている「ストーブ」が入力されています

今回は「テント」という文字が入力されているセルの背景色の塗りつぶしをしたいので書き換えます

「ストーブ」を「テント」に書き換えると自動的に「テントが赤い文字になり背景色も赤く」色が付きます

今回は他の色で塗りつぶしたいので

書式のリストから「ユーザー設定の書式…」をクリック

「セルの書式設定」ダイアログが開かれるので「背景色」から好きな色をクリック

「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

これでテストと入力されたセルだけ背景色の設定が出来ました

この方法なら比較的簡単にセルの書式設定が出来ます

続いて他の項目にも条件付書式を設定して塗り分けてみましょう

2色目を設定して項目ごとに塗り分ける

では2色目の設定方法について見ていきましょう

設定の基本は同じです

書式設定したい範囲を選択

「条件付書式」の「文字列」をクリック

「ユーザー設定の書式…」をクリック

「塗りつぶしの色」を選択

「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

これで2色目の設定が出来いたので「ストーブ」と「テント」の色分けがこんな風に簡単に設定出来ます

最後にもう少しだけ応用を効かせた塗り分けをしてみましょう

基本はほぼ一緒です

「重複する値」でサクッと塗り分ける

今度は重複する文字とそうでないものを設定して塗り分けてみましょう

書式設定する範囲を選択

書式設定の「重複する値…」をクリック

「ユーザー設定の書式」をクリック

色を設定して「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

これで1つ目の設定は終わりです

続いて2つ目の設定をします

1つ目の設定と同じように「重複する値」を選択したら種類のリストボックスから「一意」をクリック

一意(いちい)とは「それしか無い(オンリー・ワン)」のことです

「ユーザー設定の書式…」をクリック

好きな色を選択

「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

その結果、重複している項目とその他の項目で塗り分けができました

こんな風に工夫することで簡単にセルの色分けを設定することが出来ますよ

繰り返しになりますが、条件付書式は目的に合わせて設定してあげればセルの塗り分けは簡単に出来ます

文字色を条件によって分けるには条件付き書式の基本が分かっていればOK

文字の色を条件によって塗り分けるには条件付書式の基本設定が分かっていれば簡単に設定出来ます


なぜなら、条件付書式ではセルの色を塗る場合も文字列の色を変更する場合も基本は同じだからです

基本は背景色の塗りつぶしの設定と一緒なのでポイントを絞ってサクッと解説していきます

条件付き書式を設定したい範囲を選択

「条件付書式」の「文字列」をクリック

「ユーザー設定の書式」をクリック

「フォント」タブの「色」を選択

ココが背景色の塗りつぶしと違うところです

「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

設定の結果ちゃんと「テント」の文字色が変わりました

こんな風に書式設定は基本の方法を覚えてしまえばあとは簡単なのでぜひ活用してみましょう

繰り返しになりますが、文字の色を条件によって塗り分けるには条件付書式の基本設定が分かっていれば簡単に設定出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。