Excelで正しく並べ替えにはルールが大切[対策すれば解決出来ます]

今回の記事では

Excelで上手く並べ替えが出来ないのはどうして?
エラーが表示されて実行出来ない時はどうしたら良いのか分からない

Excelで並べ替えられたのは良いけど思い通りにならないのはどうして?
思い通りの並べ替えをするためには何をどうしたら良いのか教えて欲しい

こういった疑問に答えます

✔並べ替えが出来ない時の対処法のテーマ

①Excelで正しく並べ替えるには正しいルールに従うことが重要です

②思い通りに並べ変わらないなら正しく対策すれば解決出来ます

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「並べ替えが出来ない時の対処法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

Excelで正しく並べ替えるには正しいルールに従うことが重要です

Excelで正しい並べ替えをするには並べ替えのルールを知って守ることが大切です

なぜなら、並べ替えのルールをキチンと守らないと並べ替えが上手くいかないからです

Excelで並べ替え機能を使うことはかなり多いです

Excelの便利な機能として無くてなならないモノのひとつですが、上手くいかないこともあります

その原因は並べ替えをするためのルールを分かっていないことにあります

ではどうしたらスムースに並べ替えが出来るのか解説していきます

セルの結合は禁止

まず、並べ替えることが前提の表を作る時はセルの結合は禁止です

一般的によく作られる表というとこんな感じのものがあります

ただこの表は並べ替えには向いていません

では実際に並べ替えてみましょう

A1のセルをクリック

「ホーム」タブの「編集」グループにある「並べ替えとフィルター」をクリック

「昇順」をクリック

セルが結合されているので並べ替えが出来ないというメッセージが表示されます

つまり、並べ替えをしたい表については「セルの結合」はしちゃいけないよということですね

では、この表で並べ替えをしたい時はどうしたら良いでしょうか?

答えは、「結合を解除して1行1項目に統一」すれば解決出来ます

今回セルの結合をしていたのは都道府県名なのでセルの結合を解除して1行1行に都道府県名を入力しました

では、もう一度並べ替えてみましょう

都道府県名で並べ替えてみましたが、今回は問題無く並べ替えが出来ました

今回、見た目は変わっていませんがエラーが表示されること無く無事に並べ替えできました

こんな風に並べ替えをしたい表の場合はセルの結合はしないようにしましょう

どうしても結合する必要があるなら、もう一つ並べ替え出来る表を用意して内容をコピペするなど工夫が必要です

次は並べ替えをしたら元に戻せなくなってしまうトラブルの防止方法について解説します

元の順番に戻すためには連番を振ることが大切

並べ替えをしていると、元の状態に戻したい時ってありますよね

例えば、都道府県順に並べ直したけど元の状態は都道府県別じゃない

やり直したいと思った時は元に戻せないのでもう一度手で並びを変える

こんな事があります

でも、すごく簡単なあることをしておくことで元の状態に戻すことが出来ます

それは、連番をつけておくことです

でも、どうして連番をつけるのが良いことなのか実例を見ながら解説していきましょう

まず、「人気順」の列を追加して連番を振っておきます

都道府県順で並べ替えます

そうすると、元の並びに戻せなくなってしまいます

そんな時は、人気順で並べ替えると元の順番に戻ります

単純な方法ですが、大切な対策方法なので押さえておきましょう

最後に見出しを含めないで並べ替える方法について解説しています

見出しを含めない並べ替えには設定が必要

見出しとは簡単に言うとタイトルのことです

タイトルは並べ替えたくないですよね

そんな時は見出しを除いて並べ替える設定をすれば良いだけなのでその方法を見ていきましょう

「並べ替えとフィルター」の「ユーザー設定の並べ替え」をクリック

並べ替えダイアログが表示されるので「先頭行をデータの見出しとして使用する」のチェックが入っていない状態で「OK」ボタンをうクリックしてしまうと

タイトル(見出し)ごと並べ替えられてしまうので、ごちゃごちゃになってしまいます

そんな時は、落ち着いて戻るボタンを押し並べ替えで「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れた状態で並べ変えれば問題無く並べ替えできます

繰り返しになりますが、Excelで正しい並べ替えをするには並べ替えのルールを知って守ることが大切です

思い通りに並べ変わらないなら正しく対策すれば解決出来ます

思い通りの並べ替えが出来ない時は正しい対策をとることで解決することが出来ます

なぜなら、Excelが並べ替えをする仕組みを知って対策することでちゃんと並べ替えが出来るからです

Excelで思い通りに並べられない場合は正しい対策をすることでちゃんと並べ変わるようになります

並べ替えが上手くいかないケースと対策方法について解説していきます

集計行は1行空ければ並べ替え回避

集計行を手動で追加することってありますよね

でも、この集計行は並べ替えをすると一緒に並べ変わってしまいます

そんな時は、集計行と表の間に1行追加することで対策できるのでやり方を見ていきましょう

こんな風に合計行を用意します

並べ替えの降順で「1泊の料金」を並べ替えてみましょう

そうすると合計行まで並べ替えられてしまうので、内容が意味不明になってしまいます

こういう時は、合計項目を1行離して設定します

もう一度並べ替えてみましょう

これなら、合計行を含まないで並べ替え出来るので試してみましょう

最後に名前を並べ替える時に起こるトラブルの対処方法を見ていきましょう

名前の並べ替えは「ふりがな」が重要

名前を並べ替えようとしても上手くいかない時があります

そんな時は、フリガナの設定を見てみましょう

ライター名を並べ替えてみましょう

清田さんがおかしな位置になります

並べ替えがおかしくなっている原因はフリガナにあります

「ホーム」ボタンの「フォント」グループの「ふるがなの表示/非表示」ボタンをクリック

「フリガナの編集」をクリックすることでフリガナの設定ができます

通常は入力して変換した文字をフリガナとして設定しますが、ダウンロードしたデータを流用したりするとフリガナが設定され無いケースがあります

どちらの場合もフリガナが間違っていたら、正しい読み方に修正しましょう

フリガナの修正が終わったら、昇順で並べ替えてみましょう

これでキチンと並べ替えられるようになりました

フリガナは非表示にすれば、見えなくなるので必要に応じて修正して正しい並べ替えが出来るように修正してみましょう

繰り返しになりますが、思い通りの並べ替えが出来ない時は正しい対策をとることで解決することが出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。