Excelで並べ替え結果を元に戻すには連番設定[フィルターでも対策必須]

今回の記事では

Excelで並べ替えをしたら元に戻せなくなって困った
並べ替えをしたら元に戻すにはどうしたら良いの? 元に戻せる方法を知っておきたい

Excelのフィルター機能を使って並べ替えたら並べ替えの設定を解除出来ない
フィルター設定を解除したい時はどうしたら良いのか教えて欲しい

こういった疑問に答えます

✔フィルターや並べ替え機能の設定を元に戻す方法のテーマ
①Excelで並べ替えた結果は元に戻せないので連番で対策するのが正解です
②フィルターを解除しても並べ替えを元に戻せるとは限らないので対策必須

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら
ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に
「フィルターや並べ替え機能の設定を元に戻す方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

Excelで並べ替えた結果は元に戻せないので連番で対策するのが正解です

Excelでは並べ替えた後に元に戻すことは難しいことが多いので先に連番を振っておくのが正解です

なぜなら、連番を振っておけば最初の並びを記録しておくことができるからです

並べ替えの設定でよくある質問として、並べ替えをする前の状態に戻すにはどうしたら良いのか? というものがあります

まずは、どうして並べ替えをしてしまうと元の状態に戻せないのか?

簡単な例を基に解説していきます

例えば、こんな風に果物の名前と販売数で出来たグラフを基に並び替えをしてみましょう

それでは「販売数」のセルである「B1のセル」をクリック

「データ」タブの「並べ替えとフィルター」グループにある「降順」のボタンをクリック

その結果、販売数が多い順で並べ変わりました

ココでもし、今の作業をやめて元に戻したい場合は次の操作をします

こんな風にExcelの「戻る」ボタンをクリック

その結果、元の状態に戻すことができます

但し、Excelで元に戻すという操作は「一つ前の状態に戻す」という意味で並べ替える前の状態に戻すという意味ではありません

つまり、並べ替えをしたあとに元の状態に戻すには、並べ替えをした直後に必ず元に戻すかどうかその場で判断しなければならないということになります

でも、それは現実的では無いですよね

ではどうして元の状態に戻すことが出来ないのでしょうか?

その理由は、元の状態が必ずしも昇順や降順などExcelのルール通りに並べ変わっている訳では無いからです

つまり、オリジナルのルールで並べ替えられてる最初の状態に戻すことは、このままでは難しいということになります

では、どうすれば一番最初の状態に好きなタイミングで戻すことが出来るのでしょうか?

その答えが連番を振っておくことです

では、具体的にどんな風に連番を振れば最初の状態に戻すことが出来るのでしょうか?

難しいことは一切無いので一緒に作業してみましょう

方法は1列分追加して連番を設定することです

この方法なら、並べ替えをして元の状態と変わってしまっても「連番を昇順で並べ替えれば」元の状態に戻すことが出来ます

単純な方法ですが一番確実です

元の状態をキープする必要がるなら、必ず設定しておくようにしましょう

繰り返しになりますが、Excelでは並べ替えた後に元に戻すことは難しいことが多いので先に連番を振っておくのが正解です

フィルターを解除しても並べ替えを元に戻せるとは限らないので対策必須

フィルター機能を使って並べ替えた場合、フィルターを解除しても並べ変えは元に戻らないので対策は必須です

なぜなら、フィルター機能でも並べ替えの考え方は基本的に同じだからです

Excelを使った並べ替えにはもう一つフィルター機能を使った方法があります

フィルター機能は並替え機能の強化版の様な機能なので、並べ替えも簡単に設定することが出来ます

そのためフィルター機能を解除すれば、設定する前の状態に戻す事が出来ると思ってしまうことがあります

ただ、フィルターを使った場合でも並べ替えの機能は同じなので自動で元に戻るわけではありません

実際に操作しながら。原本を保存しつつ並べ替えをする方法について解説していきます

フィルターを設定するには「A1のセル」を選択します

「データ」タブの「並べ替えとフィルター」グループにある「フィルター」ボタンをクリック

果物の名前をクリックして「降順」をクリックすると並べ変わります

並べ変わったので元に戻そうと思って「クリア」ボタンをクリックしても何も変わりません

フィルター機能を解除すれば、並べ替えが解除されるのではないか? と思い「フィルター」機能をクリックして解除してみます

フィルターを解除しても並べ替えの結果が元に戻ることはありません

もし、元の状態に戻すためにはフィルター機能で管理番号を「昇順」をクリック

これで元の状態に戻ります

つまり、フィルターを使って並べ替えた場合も「並べ替え機能」と同じ方法で元に戻せるということを知っておきましょう

並替え機能とフィルター設定は基本的には同じものだと思っておきましょう

最後にどうしても原本を残したまま並べ替えたい場合のやり方について解説します

SORT(ソート)関数を使って並べ替える

並べ替えにはSORT関数を使う方法もあります

SORT関数の詳しい使い方は「Excelのスピルなら関数をより便利に」という記事で解説しているので参考にして下さい

SORT関数を使った方法だと原本を残したまま並べ替えた表を作成することが出来ます

設定の方法は簡単なので気軽に作成できます

こんな風に「=SORT($A$2:$C$11,2,1)」と設定すれば果物の名前を昇順で並べ替えることが出来ます

なおかつ、原本はそのまま残せるので原本を残したまま並べ替え結果を自由に表示したい場合は、SORT関数を有効活用してみるのも一つの手です

目的に合わせて今回紹介した方法を使い分けてみましょう

繰り返しになりますが、フィルター機能を使って並べ替えた場合、フィルターを解除しても並べ変えは元に戻らないので対策は必須です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。