Excelの印刷タイトル機能で復数枚でもタイトル印刷[ウィンドウ枠の固定機能でいつでもタイトル表示]

今回の記事では

Excelで書類を印刷する時にタイトルを印刷出来るように固定する方法って無いの?

2枚目以降にも同じタイトルをつけて印刷する方法が知りたい

Excelで縦長の書類だとタイトルや項目名が見えなくなって困る時がある

いつもタイトルや項目が見えるようにする方法ってあるの?

こういった疑問に答えます

✔タイトルや項目名を復数ページで表示・印刷させる方法のテーマ

①印刷タイトル機能を使えば2枚目以降でもタイトルを印刷することが出来ます

②ウィンドウ枠の固定機能を使えば行列の項目名をいつも表示することが出来ます

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「タイトルや項目名を復数ページで表示・印刷させる方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

印刷タイトル機能を使えば2枚目以降でもタイトルを印刷することが出来ます

「印刷タイトル機能」を使えば2ページ以降のページでもタイトルを印刷することが出来ます

なぜなら、「印刷タイトル機能」は名前の通りタイトルを固定して印刷するための専用機能だからです

それでは、具体的な操作方法について解説していきます

今回は、「揃えておきたいキャンプ道具一覧表」を元に各設定をしていきましょう

今回の書類は縦に長い表で行列にタイトルや項目名が設定されています

この書類を印刷すると次のような結果になります

1枚目はタイトルと項目名が印刷されていますが、2枚目は全く印刷されていません

ただ、2枚目にも「タイトルと項目名」があった方が分かりやすいですよね

そんな時は「印刷タイトル機能」を使えば簡単に2ページ目にもタイトルを印刷することが出来ます

1行目をタイトルとして設定する

まずは、1行目の「タイトル」だけ2ページ目にも反映する方法を見てみましょう

「ページレイアウト」タブの「ページ設定」グループにある「印刷タイトル」ボタンをクリック

「ページ設定」ダイアログの「タイトル行」の「↑」をクリック

マウスカーソルが黒い矢印のまま固定されるので1行目をクリック

ページ設定に「$1:$1」と表示されます

これは1行目をタイトル行に設定したよ

という意味です

設定が終わるとダイアログに戻るので「OK」ボタンをクリック

2ページ目の印刷結果にはちゃんとタイトルが表示されましたね

復数行をタイトルとして設定する

では次に復数の行をタイトル行として設定する方法も見ておきましょう

タイトル行の設定ダイアログを表示するまでは、全く同じなのでダイアログを開いたところから解説していきます

タイトル行の「↑」をクリック

1行目と2行目をドラッグします

「OK」ボタンをクリック

印刷すると復数の行をタイトルに設定しているので2ページ以降も同じ「タイトル+項目名」を印刷することが出来ます

タイトル列も同じように設定することがで出来るので横長の書類を複数枚印刷したい時にはこちらの設定をしてみて下さい

今回の方法は、覚えてしまえばすごく簡単なので印刷をする時にはぜひ活用してみて下さい

繰り返しになりますが、「印刷タイトル機能」を使えば2ページ以降のページでもタイトルを印刷することが出来ます

ウィンドウ枠の固定機能を使えば行列の項目名をいつも表示することが出来ます

ウィンドウ枠の固定機能を使うことでタイトルや項目名をいつも表示することが出来ます

なぜなら、ウィンドウ枠の固定機能は、いつも表示させたい内容を固定して表示させるための専用機能だからです

それでは具体的な設定方法について解説していきます

こんな風に一覧表でタイトルが見えないところまで下がると、項目を追加することが大変だったり何の項目なのか分からなくて困ることがあります

その都度、タイトルが見えるところまでスクロールして内容を入力していては手間ですよね

そんな時は、

ウィンドウ枠の固定機能を使うことでタイトルをいつでも表示出来ます

書類のタイトルをいつでも見られるようにする

まずはタイトル行を固定して下にスクロールしても、いつでもタイトルを見ることが出来るように設定します

「表示」タブの「ウィンドウグループ」にある「ウィンドウ枠の固定」ボタンをクリック

「先頭行の固定」をクリック

※先頭行の固定機能を使う時はタイトルが見える位置まで戻らないと上手く設定出来ないので注意して下さい

さっきと同じようにタイトル行が非表示の位置までスクロールしても今度はタイトルがちゃんと見えていますよね

こんな風に簡単にタイトル行を固定して表示することが出来ます

但し、印刷結果には反映されない点には注意して下さい

先頭列の固定についてもやり方は基本的に変わらないので、横長の書類などを見る必要が有る時は活躍してくれます

これでいつでもタイトルを見ることが出来るようになりましたが、今回のように「タイトル+項目名」で復数行表示させたい時もありますよね

そんな時の設定方法も合わせて解説します

復数の行を固定して表示させる方法

復数の行を固定して表示させる方法はとても簡単です

まずは、先頭行の固定を先に解除してみましょう

解除は、さっきと全く同じ手順で「ウィンドウ枠固定の解除」ボタンをクリック

これだけでOKです

では、タイトルと項目名の復数行を固定する方法を見ていきましょう

「C3セル」をクリック

「ウィンドウ枠の固定ボタン」の「ウィンドウ枠の固定」ボタンをクリック

これでスクロールを下げても「タイトル+項目名」は表示されるようになりました

設定はこれだけなのですごく簡単です

固定の解除方法は「先頭行の固定」を解除した時と一緒なので簡単に解除出来ます

ただ「先頭行の固定」機能と「ウィンドウ枠の固定」機能にはちょっと違いがあります

「先頭行の固定」はそのままの意味で先頭行だけ固定するのに対して「ウィンドウ枠の固定」機能は、行列の好きな場所を固定出来ます

こんな風に「B3セル」を選択した状態で「ウィンドウ枠の固定」をすると

「タイトル+項目名とカテゴリ-の列名」を固定出来るので縦横に長い表があってもいつでもタイトルや行列のそれぞれの項目名を表示出来るので便利です

つまり、「選択したセルより上方向と左方向の行列すべてを固定」することができるという訳です

ぜひ、使い慣れるまで何度か試してみて下さい

やってみるとすごく簡単だと実感できると思います

「ウィンドウ枠の固定機能」は「印刷タイトル機能」に役割が似ています

「印刷タイトル機能」は印刷が復数あっても、いつも指定したタイトルを印刷してくれる機能です

「ウィンドウ枠の固定機能」は指定した範囲をいつも表示してくれる機能です

つまり「ウィンドウ枠の固定機能」は画面上でタイトルをいつも表示してくれて「印刷タイトル機能」は印刷結果に対してタイトルを表示してくれる機能になります

この2つはセットで覚えておくと、とても便利なのでぜひ使い方をマスターしてみて下さい

繰り返しになりますが、ウィンドウ枠の固定機能を使うことでタイトルや項目名をいつも表示することが出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。