利根川ゆうゆう公園でのんびりデイキャンプ

今回は千葉県我孫子市にある「利根川ゆうゆう公園」という場所にデイキャンプに行ってきました

この場所は「予約不要でなおかつ無料」で利用出来るデイキャンプ場です

我孫子市が管理してるすごく広い河原を整備した場所で快適に過ごすことができます

但し、私が訪れた2022年8月現在ではマナー違反者が多いため来年以降閉鎖を検討しているとのことでした

素晴らしい場所ではありますが、こういった施設を利用する時には必ずルールを守って利用させてもらいましょう

場所は比較的近場だったので約1時間ほどで到着しました

手賀沼という湖に近い場所にあり気軽に行けるところが魅力です

今回の一番の目的は先日購入した登山やソロキャンプ向けのテントのテスト設営です

また、雨が降るとの予報だったので耐水強度も見てしまおうと計画していました

ちなみに私が持っているのは

Six Moon Designs(シックス・ムーン・デザインズ社)の

Lunar Solo(ルナ・ソロ)の2020年モデルです

公式サイトより引用
公式サイトより引用

このテントは新品価格で6万円以上するので結構高級なテントになります

私は「テント+ポール付き」でメルカリで5万円ほどで購入

中古でしたが必要十分なのでいい買い物でした

出発は平日の朝6時

前日は仕事だったので行き先は朝起きた時に決めました

朝型人間なので少しゆっくりしてからキャンプ用のザックを持っていざ出発です

行きは下道を走り、帰りは高速を使って帰ってきたのですが片道1時間ちょっとで往復出来る距離は助かります

周囲は田園風景が広がりのどかな場所が多く、私の好きな田舎の風景が広がっている場所でした

そんな道を走っていると利根川の案内があり川沿いの道からすっと入れる場所に「入り口」を発見!!

朝8時頃に付いたので早速駐車してあたりをうろつきましょう

周りを見渡すとこんな感じで所々に「木や机とテーブルのセット」が置かれています

まだ開園時間より30分ほど早かったこともあり誰もいません

広さはすごく広いです

デイキャンプ場のエリアだけでも相当広いので多くの人が訪れても広々と使える環境です

案内図をみると広そうには見えませんが、実際はかなり広いので家族連れでも十分楽しめますね

散歩ついでに探検してみよう

開園時間が8時半なので時間が来るまで少し散歩してみることにしました

何箇所かある入口はキレイに整地されているので場内には入りやすく親切な設計になっています

障がい者マークも用意されているのでバリアフリー化が行き渡っているイメージです

ただ、私が行った時は前日から降っていた雨の影響か草が濡れていたのでそんな日は防水仕様の靴をオススメします

私は安物の靴で歩き回ったので靴してまで濡れてしまいました 涙

少しぶらついていると「木製遊具」という立て看板を発見

説明書きを見ているとなにやら楽しそうな設備があるようです

早速、チャレンジしてみましたが子供向けということもあり簡単です

難所と言えば「ほふく前進」エリアです

いや、下濡れてるから流石にできません

ここは華麗にスルーするのが正解ですよね

次に見つけたのは「ヨシ原迷路」なる入り口の看板です

一体迷路なのか気になったので早速行ってみます

迷路の正体はたくさん生えている草を勝手迷路様に整備した「超自然派迷路」です

ところどころ「ヨシ」が倒れ込んでいるので気分はジャングル

ただ、この迷路強敵がいます

その名は「Mr.アブラゼミ」彼らは大きな声で泣き叫び近くに行ったら体当たりしてきます

1匹はもろ顔面にクリーンヒットです

「いって~!!!」と叫んでも相手はセミです

謝ってなんかくれません 笑

臆病な虫ですがどうして人の方にわざわざ飛んでくるんでしょうか?

それだけは謎です

冗談はさておき、今回は遭遇することはなかったですが蜂が飛んでいる場合はすぐに引き返すようにしましょう

私が行った時はスズメバチとは違うタイプの蜂が飛んでいました

特にスズメバチは危険なので「黄色い体に黒い縞模様」の蜂を見かけたら慌てずにそのまま下がるか、すぐに引き返すようにして下さい

近くに巣がある危険があるので離れるのが正解です

蜂は「手で振り払う」動作などをすると「攻撃された」と思われて刺されてしまいます

なるべく慌てずにすぐにその場を離れましょう

8時30分からデイキャンスタート

いよいよ8時30分を過ぎたところで今回の目的であるソロテントの設営に取り掛かりましょう

今回の目的はテント設営に慣れること、改善点のチェック、耐水性のチェック、非常食の消化です

結論から言えば、今回のテント設営のテストは何も問題なく終わりました

私も昔からテントの設営はしてきたので、多少の課題はあったものの問題なく雨の日でも使えることが分かりました

実は問題となったのは『非常食』です

非常食とは防災グッツの中に用意しておく緊急時の食べ物ですね

この賞味期限が迫っていたので今回食べてしまうことにしたんです

ところが、今回の非常食は外れでした 涙

画像はイメージです

はっきり言って食べるのがキツイ!!!

まさか、テントに悩まされる前に非常食で悩まされるとは思っていませんでした

味があれなので、食べるのがしんどいんです

まぁ、食料があるだけ感謝しろと言うのは分かります

私も食べ物には鈍感で基本何を食べても文句を言う気はありません

ただ、今回の非常食は無理!!!

そう思わせる味でした

温めずに食べられる玄米のおかゆでしたが、これはきつかったです

どうして美味しい玄米をあの味にできるのか……。

作っていただいたことには大変感謝していますが、なんとか今月中に食べきらなくては

という「使命感」と「しんどいな」という思いが葛藤しています

今回はテントの設営の楽しさや改善点が見つかって良かったことと

設備はルールを守って使わないといけないなと、改めて思いました

またハイキングやキャンプもやってみたいなという思いが再燃してきた体験でした

施設のルールはきちんと守ってゴミはちゃんと持ち帰りましょう

最後まで読んでいただきありがとうございます

それでは、またお会いしましょう またね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。