表紙と目次以外のページ番号設定はセクション区切り[表紙以外は先頭ページのみ別指定]

今回の記事では

Wordで表紙と目次以外にページ番号を設定したいけど上手く設定出来ない

3ページ目が1ページとページ番号を表示するにはどうしたら良いのか教えてほしい

ページ番号を表紙だけ振らない設定にするにはどうしたら良いの?

表紙以外には連番を自動で振りたいけどどうやって設定したら良いのか分からない

こういった疑問に答えます

✔Wordで表紙や目次以外にページ番号を設定する方法のテーマ

①Wordで表紙と目次以外にページ番号を設定するにはセクション区切りの設定が最適解です

②表紙以外にページの番号を設定したい場合は「先頭ページのみ別指定」機能の活用が正解

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

Wordで表紙や目次以外にページ番号を設定する方法に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

Wordで表紙と目次以外にページ番号を設定するにはセクション区切りの設定が最適解です

Wordで表紙と目次意外にページ番号を設定するには「セクション区切り」の設定をするのが最適解です

なぜなら、表紙と目次意外にページ番号を設定するには、セクション区切りを挿入してそれぞれ別々の設定をする必要があるからです

Wordで書類を作る時は1枚目は表紙・1枚目は目次・3枚目以降が書類の本文という作りをすることがあります

そこで、書類を分かりやすいように作るに「本文だけ番号振りたい」ということがありますよね

今回はそんな希望に合わせたページ番号を振る方法について解説していきます

まず普通にページ番号を設定すると、こんな風に表紙と目次にもページ番号が振られます

この設定を変更すると目次以降のページにだけ番号を振ることが出来ます

では早速設定をしていきましょう

作業自体は簡単なので分かってしまえば簡単ですよ

まずは、目次ページの「改ページ」の右側をクリック

「レイアウト」タブの「ページ設定」グループにある「区切り」ボタンをクリック

区切りの一覧から「セクション区切り」にある「次のページから開始」をクリック

改ページ横に「セクション区切り」と本編の1ページ目に「段落」が追加されます

改ページと改行は必要ないので「BackSpaceキー」などで削除

続いてページ番号を設定したいので「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」グループにある「ページ番号」ボタンをクリック

表示された一覧から「ページの下部」にマウスカーソルを移動

さらに表示される一覧から「番号のみ2」をクリック

その結果、表紙には「0」目次には「1」というページ番号が設定されます

次は本文のフッターにある「2」をクリック

「ヘッダーとフッター」タブにある「ナビゲーション」グループにある「前と同じフッターとヘッダー」ボタンをクリック

注意

今回、この設定が一番重要で注意も必要です

この設定は前のセクション1(表紙や見出し)とセクション2(本編)のヘッダーとフッターの設定を分けてね
という意味になります

この作業をしないと本編の「ページ番号を1」に修正出来ないので注意して下さい

続いて目次と表紙からページ番号を削除しましょう

「目次のフッター」をクリックしておいて下さい

「ヘッダーとフッター」タブの「ページ番号」ボタンをクリック

一覧から「ページ番号の削除」をクリック

これで表紙と目次からページ番号が消えます

あとは本編のページ番号が「2」から始まっているのでフッターをクリックしておきましょう

「ページ番号ボタン」をクリック

一覧から「ページ番号の書式設定」をクリック

「ページ番号の書式」ダイアログが表示されます

「連続番号」の「開始番号」のラジオボタンをクリック

これでセクション2のページ番号が「1」から始まる設定ができました

「OK」ボタンをクリック

これで本編のページ番号が修正されました

その他のページもちゃんと連番の設定ができています

最後は「ヘッダーとフッターを閉じる」ボタンをクリック

これでキレイに表紙と目次意外にページ番号を振ることが出来ます

やることは簡単ですが、ページ番号を思い通りに設定するには、いくつかのポイントを設定する必要があります

意外と複雑なので分からなくなったら、またこのページを見てみて下さい

慣れてしまえば操作は簡単なのでチャレンジしてみて下さいね

繰り返しになりますが、Wordで表紙と目次意外にページ番号を設定するには「セクション区切り」の設定をするのが最適解です

表紙以外にページの番号を設定したい場合は「先頭ページのみ別指定」機能の活用が正解

表紙意外にページ番号を設定したい場合は「先頭ページのみ別指定」機能を活用するのが一番簡単な方法です

なぜなら、「先頭ページのみ別指定」はその名前の通り先頭のページは別に指定する設定だからです

最後は表紙だけページ番号を振らない設定をしていきましょう

作用はすごく簡単なのでサクッと出来ますよ

前半の設定を利用して表紙だけページ番号を設定しないようにしてみましょう

「セクション区切り」は必要無いので削除

目次ページに本編の1ページ目が移動してきます

「No1」の見出しは次のページに送りたいので見出しの行をクリック

「挿入」タブの「ページ区切り」ボタンをクリック

もしくは「Ctrlキー+Enterキー」を押す

その結果、表紙には「1」が設定され目次ページに「2」が設定されページの整理も出来ました

表紙ページの設定をしたいのでフッター部分をダブルクリック

「ヘッダーとフッター」タブが表示されるので「オプション」グループにある「先頭ページのみ別設定」のチェックボックスをクリック

設定が出来ると表紙からは番号が消えます

目次には連番の「2」が表示されたままです

仕上げに「ヘッダーとフッター」タブの「ページ番号」ボタンをクリック

表示された一覧から「ページ番号の書式設定」をクリック

「ページ番号の書式」ダイアログの「開始番号」を「1」に調整

設定できたら「OK」ボタンをクリック

これで表紙以降のページにページ番号が自動で設定されます

こんな風に少し手間はありますが「先頭ページのみ別設定」の設定や「開始番号」の調整を上手く扱えれば簡単です

少しずつ理解すれば大丈夫なのでチャレンジしてみましょう

繰り返しになりますが、表紙意外にはページ番号を設定したい場合は「先頭ページのみ別指定」機能を活用するのが一番簡単な方法です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です