Wordで最初のページに番号を振らない方法は「先頭ページのみ別指定」[自動の番号設定は「ページ番号」]

今回の記事では

Wordで表紙付きの資料を用意してページ番号を付けたいけど表紙を抜かすにはどうしたらいいの?

ページ数も多いから表紙以外のページは自動で番号を振る方法を教えて欲しい

そもそもWordでページ番号を自動で設定するための基本をもう一度押さえておきたい

Wordでページ番号を自動で入力するにはどうやって設定するのが正しいの?

こういった疑問に答えます

✔Wordでページ番号を自動設定する方法のテーマ

①Wordで最初のページに番号を振りたくない時は「先頭ページのみ別指定」で一発解決

②自動でページ番号を設定するには「ページ番号」機能を使えば簡単に設定できます

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「Wordでページ番号を自動設定する方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

Wordで最初のページに番号を振りたくない時は「先頭ページのみ別指定」で一発解決

Wordのページ番号を最初のページを除いて自動で振りたい時は「先頭ページのみ別指定」機能を使えば簡単に解決できます

なぜなら、先頭ページのみ別指定することで先頭ページ番号の表示・非表示を設定できるからです

Wordで複数ページの資料を作ったらページの番号を振った方が便利ですよね

ただ、最初のページは表紙や目次ページとして番号を振らない方が良いこともあります

そんな時は、「先頭ページのみ別指定」という機能を上手く活用してページ番号の表示を調整するのが一番簡単です

まずは、1ページ目にページ番号を表示していないパターンを見てみましょう

こんな感じで1ページ目(表紙)ページを除いてページの連番を振っています

ページ番号の設定はすごく簡単なのでサクッと設定出来ますよ

「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」グループにある「ページ番号」ボタンをクリック

一覧が表示されるので「ページの下部」にカーソルを合わせる

左側に設定例の一覧が表示されるので「太字の番号2」を選んでクリック

今回は「総ページ数分の現在のページ数」をページの真ん中に配置したいので選びました

その他の配置も選べるので目的に合わせて選んでOKです

その結果、1ページ目(タイトルページ)を抜かしたページに番号を設定することが出来ます

今回のポイントは「ヘッダーとフッター」タブにある「オプション」グループの「先頭ページのみ別指定」の項目にチェックが入っていたという点です

このオプションの詳細設定については後半で解説します

こんな風に1ページ目を飛ばしてページ番号を設定するのは簡単です

このままだと「ヘッダーとフッター」の設定画面なので「閉じる」グループにある「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリック

これでいつも通り入力や編集をすることが出来ます

ヘッダーとフッターとは

今回、ページ番号を振るためにフッターに対してページ番号を設定しましたが、フッターとヘッダーについて基本を押さえておきましょう

Wordには、用紙の上下左右に余白が設定されています

この余白の「上の余白をヘッダー」と呼び「下の余白をフッター」と呼びます

特にフッターは今回のように用紙下にページ番号を設定したり、日付を設定したりすることがあります

フッターに入力した文字は自動的に他のページにも反映される特徴があるのですごく便利なので覚えておきましょう

「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」グループにある「フッター」ボタンをクリック

一覧から「フッターの編集」ボタンをクリック

これでフッターの編集モードになります

フッターの編集が終わった時は「ヘッダーとフッター」タブの「ヘッダとフッターを閉じる」ボタンをクリック

これで普通のWordの編集ができるようになります

つまり、ページの番号機能もフッターに設定しているということが分かりますね

フッターの編集をしたい時は、フッター部分(下の余白)をダブルクリック

この操作でもフッターの編集ができるので合わせて覚えておきましょう

繰り返しになりますが、Wordのページ番号を最初のページを除いて自動で振りたい時は「先頭ページのみ別指定」機能を使えば簡単に解決できます

自動でページ番号を設定するには「ページ番号」機能を使えば簡単に設定できます

Wordでページ番号を自動で振りたい場合は「ページ番号」機能を使えば簡単に設定することが出来ます

なぜなら、「ページ番号」機能はその名の通りページに番号を振るための専用機能だからです

ページ番号を自動で振りたい時は「ページ番号」を設定すれば良いのですが、表紙機能を使った場合と使わない場合では設定方法が変わってきます

どんな違いがあるのか、もう少し詳しい使い方について解説します

「表紙」機能を含む書類で「ページ番号」機能を使うと最初のページにはページ番号が設定されません

もし、表紙にも番号を振りたい時は、「ヘッダーとフッター」タブにある「オプション」グループの「先頭ページのみ別指定」のチェックボックスをクリックしてOFFにします

次に「ヘッダーとフッター」グループの「ページ番号」ボタンをクリック

一覧から「ページ番号の書式設定」をクリック

「ページ番号の書式」ダイアログボックスが表示されるので「連続番号」の「前のセクションから継続」のラジオボタンをクリックします

前のセクションというのは、「表紙機能」を使うとセクションが自動的に分かれるようになっています

そのため、表紙機能を使うと自動的にページ番号から除外されます

そのセクションを無視する設定が「前のセクションから継続」という機能です

チェックが入ったら「OK」ボタンをクリック

これで、表紙を含め4枚になったので合計枚数が「4」になり「1/4」になります

こんな風に表紙を含めてページ番号を設定したい時はこんな風に設定してみましょう

元に戻す場合は「開始番号」のラジオボタンをクリックして「OK」ボタンをクリック

これで元に戻せます

表紙機能を使わない時のページ番号の設定方法

最後に「表紙」機能を使わない場合のページ番号の設定について解説します

まずは、普通にページ番号の設定をします

「表紙」機能を使わないとこんな風に「1ページ目からページ番号が表示」されます

最初のページに番号を設定したくないので「ヘッダーとフッター」タブの「先頭ページのみ別設定」のチェックボックスをONにします

「ページ番号の書式設定」をクリック

「ページ番号の設定」ダイアログが表示されるので「開始番号」のラジオボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

その結果、1ページ目は何も表示されず2ページ目は「2/2」と表示されました

本当は「2ページ目でも1/2」と表示したいのですが、1ページ目があるので「2/2」となってしまいます

そんな時は「ページ番号の書式」の「開始番号」に「0」を設定

「OK」ボタンをクリック

これで「1ページ目は0」になり「2ページ目は1」となります

こんな風にちょっと工夫することで1ページ目は何も表示しないで2ページ目からページの連番を自動で設定することができます

最初はとっつきづらい機能ですが、何度か設定していると感覚がつかめるので分かりづらい時は何度も設定して慣れてみましょう

繰り返しになりますが、Wordでページ番号を自動で振りたい場合は「ページ番号」機能を使えば簡単に設定することが出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。