Wordの表は罫線の設定するのが一番シンプル[罫線を消すには罫線のツールなどを使うのが一番]

今回の記事では

Wordで作成した表の罫線を自由に引くのに一番簡単な方法ってどんな方法?

表の罫線を指定する方法や罫線を直接引く方法があるみたいだけど一番いい方法は何?

Wordの表の罫線を消すにはどうしたら良いの?

罫線を引く方法と同じように罫線の設定や罫線の削除ツールがあるみたいだけどどっちが正解?

こういった疑問に答えます

✔Wordの表の罫線を引いたり削除する方法のテーマ

①Wordの表の罫線を引くには罫線を設定するのが一番シンプルで簡単な方法です

②Wordの表の罫線を消すには罫線のツールなどを使うのが一番確実でスムースです

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「Wordの表の罫線を引いたり削除する方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

Wordの表の罫線を引くには罫線を設定するのが一番シンプルで簡単な方法です

Wordの表の罫線を引くためには罫線の設定ツールを使うのが一番シンプルで簡単な方法です

なぜなら、表の罫線の設定は罫線の機能を使うのが一番簡単で確実な方法だからです

まず、表の挿入方法の基本操作について確認しておきましょう

表の挿入をしたい時は「挿入」タブの「表」ボタンをクリック

挿入したい大きさの表を選択

表が挿入されたら、次は表を非表示にしてみましょう

「表の左上の十字の矢印」をクリック

表全体が選択されます

「テーブルデザインツールタブ」をクリック

「飾り枠」グループにある「罫線」ボタンをクリック

一覧から「枠なし」をクリック

これで罫線を削除(見えない状態)にすることが出来ました

表を再度表示したい場合は、「罫線」ボタンをクリック

一覧から「格子」をクリック

これが通常の表を表示する一番簡単な方法です

次は一部のセルの枠が無い状態に設定してみましょう

今回は、一番左上のセルをクリックした状態で「罫線」の一覧から「枠なし」をクリック

これで選択したセルの罫線は非表示になりました

最後に残ったグレーの点線は「グリッド線」と言い印刷されない表の線です

グリッド線を非表示にしたい場合は、「レイアウトタブ(青い方)」をクリック

「表」グループにある「グリッド線の表示」ボタンをクリック

その結果、グリッド線も非表示になって表の一部が削れたような形になります

これが、表の罫線を引いたり非表示にしたりする一番簡単な方法です

では、練習として罫線を全て非表示にしたカレンダーで線を引いてみましょう

完成版はこんな感じです

まずは、一番外側の線を引いてみましょう

左上にある「十字の矢印」をクリック

これで表全体が選択されます

「罫線」の「外枠」をクリック

これで表の一番外枠に実践を引くことが出来ました

次は曜日の行の罫線を設定したいので、曜日の行のセルを全て選択

「罫線」ボタンをクリック

一覧が表示されるので「下罫線」をクリック

その結果、選択範囲の下に実線が引かれました

次は、罫線機能ではなく「罫線を引く」という機能を使って線を引いてみましょう

「レイアウト」タブの「罫線の作成」グループにある「罫線を引く」ボタンをクリック

マウスカーソルの形が鉛筆マークになるので線を引きたい範囲を「ドラッグ操作で選択」します

これで、ちゃんと罫線を引くことが出来ました

「罫線を引く」機能でも「罫線」機能でも線を引くことが出来ますが、より素早く罫線を引きたい時は「罫線」機能を使うのが一番スムースです

ちなみに「斜線」も「罫線を引く」機能で斜めにドラッグすることで設定できるので目的に合わせて使い分けてみましょう

鉛筆マークを解除したい時は、ボタンを再度押すか「Ecsキー」を押すことで解除出来るので「罫線を引く」機能も意外と使いやすいですよ

繰り返しになりますが、Wordの表の罫線を引くためには罫線の設定ツールを使うのが一番シンプルで簡単な方法です

Wordの表の罫線を消すには罫線のツールなどを使うのが一番確実でスムースです

Wordの表の罫線を消すには罫線ツールなどを使うのが一番確実でスムースに作業出来ます

なぜなら、罫線を消すというのは見えない状態にするか、結合することなのでそれぞれの機能を使った方がスムースだからです

罫線を消すためには罫線を見えない状態にするのが一番簡単な方法です

今回は、カレンダーの一部の罫線を非表示にする方法を例に設定方法を見てみましょう

まず、右側の罫線を非表示の状態にしたいので範囲を選択

罫線の種類の一覧から「罫線なし」を選択

「罫線」ボタンをクリック

一覧から「左罫線」ボタンをクリック

これで、選択範囲の左側の罫線は見えない状態になりました

次は表の内側の線を非表示にしたいのでカレンダー部分を範囲選択

「罫線」ボタンをクリックし「縦罫線(内側)」をクリック

その結果、サクッと内側の線を非表示にすることが出来ました

「罫線を削除」したい場合はもう一つの方法があります

「レイアウト」タブの「罫線の作成」グループにある「罫線の削除」ボタンをクリック

消したい線の上をドラッグします

これで、線の非表示に設定することができます

ただし、この機能はクセが強いので問題があります

詳しくは「Wordの表を消しゴム機能で調整する」という記事で解説してるので使い方を知りたい場合は参考にしてみて下さい

罫線を削除したい時は、罫線機能を作った方が早くて効率的なのでぜひ活用してみましょう

繰り返しになりますが、Wordの表の罫線を消すには罫線ツールなどを使うのが一番確実でスムースに作業出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。