ピボットテーブルの並べ替えは基本を押さえる[オリジナルはユーザー設定リスト]

今回の記事では

ピボットテーブルの並べ替えがイマイチ理解できない
どうしたら思い通りの並べ替えが出来るのか教えてほしい

ピボットテーブルで自分のルールに従って並べ替えることは出来ないの?
アルファベットや50音順じゃないオリジナルの並べ替えが必要な時はどうしたら良い?

こういった疑問に答えます

✔ピボットテーブルでオリジナルの並べ替えをする方法のテーマ
①ピボットテーブルの並べ替えは基本を押さえておけばちゃんと出来ます
②オリジナルの並べ替えはユーザー設定リストに登録すれば実現できます

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら
ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に
「ピボットテーブルでオリジナルの並べ替えをする方法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

ピボットテーブルの並べ替えは基本を押さえておけばちゃんと出来ます

ピボットテーブルの並べ替えを使いこなすには、基本をしっかり押さえることが大切です

なぜなら、基本さえ押さえてしまえば目的に合わせて並べ替えることは簡単だからです

それでは、ピボットテーブルの並べ替えの基本について解説していきます

前提として「データベースシート」と「ピボットテーブルシート」を用意しています

もし、ピボットテーブルの基本がいまいち分かっていないと思ったら「ピボットテーブルは情報分析に特化した表」という記事で基本を解説しているので参考にして下さい

また、今回紹介する並べ替えについてもっと詳しく知りたい場合は「ピボットテーブルの並び変えの基本は簡単」という記事で紹介しているので合わせて参考にしてみて下さい

データベースはこの「果物売上管理表」をベースにします

ピボットテーブルは年度・都道府県別の果物の売上管理表として作成しています

では、都道府県と果物の並べ替え方法を見ていきましょう

並べ替えの方法は2つありフィルター機能を使った方法と右クリックからのショートカットメニューを使った方法です

考え方は基本的に同じなのでどちらかの方法で並べ替えてみましょう

フィルター機能を使う時は

並べ替えたい項目名をクリック

(都道府県の並べ替えをするなら「栃木県」をクリックする)

フィルターボタンをクリックし、「昇順(降順)」をクリック

その結果、都道府県が降順に並び替わります

すごく簡単ですよね

ポイントは並べ替えたい項目をクリックして指定することです

右クリックでの操作の場合は

「並べ替えをしたい対象を右クリック」→ショートカットメニューの「並べ替え」→「降順(昇順)」をクリック

これだけです

基本的な方法はフィルター機能を使った方法とほぼ一緒ですね

次は果物名を並べ替える方法です

基本は同じなのでサクッとやってみましょう

果物名(アケビ)をクリック

「フィルター」ボタンをクリック

「降順(昇順)」をクリック

その結果、果物名で並べ替えをすることが出来ました

こんな風にピボットテーブルの並べ替えは基本さえ押さえてしまえば簡単なので、覚えておきましょう

続けて列の並べ替えに移りましょう

やり方は行と同じなのでサクッと出来ますよ

今回は右クリックでの方法を紹介しますが、フィルターでの操作は行と同じなので簡単です

年度で並べ替えたい場合は「年度のセル」を右クリック

ショートカットメニューから「並べ替え」→「降順」をクリック

これで「年度」を降順で並べ替えられます

続いて月数を並べ替えてみましょう

「月数」が入力されているセルを右クリック

「ショートカットメニュー」から「並べ替え」→「降順」をクリック

これで「月数」も降順に並び替わりました

では最後に値の並べ替えについて解説します

値はフィルターボタンが無いので一番手っ取り早い右クリックを使った方法を解説します

値を並べ替える場合はピボットテーブルの中央エリアにある「値」を右クリック

ショートカットメニューから「並べ替え」→「降順」をクリック

これだけでOKです

こんな風にピボットテーブルで上手に並べ替えをしたい時は「並べ変えたい対象を指定」→「並べ替える方法を決める」→「並べ替えを実行」といった3つのステップを踏めば簡単です

繰り返しになりますが、ピボットテーブルの並べ替えを使いこなすには、基本をしっかり押さえることが大切です

オリジナルの並べ替えはユーザー設定リストに登録すれば実現できます

ピボットテーブルでオリジナルの並べ替えをしたい場合は「ユーザー設定リスト」を活用するのが最適解です

なぜなら、オリジナルの並べ替えをしたい場合はExcelにそのルールを覚えてもらう必要があるからです

それではオリジナルの並べ替えの方法について解説していきます

作業前に今回の手順の基本を整理しておきましょう

  1. 並べ替えのルールを決める
  2. ルールをユーザー設定リストに登録する
  3. オリジナルの並べ替えを実行する

以上がこれからの手順です

まずは、並べ替えのルールを新しいシートやデータベースの空いているスペースに作成します

但し、登録するルールは一時的に使うだけなので最終的には削除します

今回は新しいシートにルールを書き出しました

オリジナルの並べ替えのリストをこんな風に作成します

作成が終わったら範囲選択しておきましょう

「ファイル」をクリック

「その他」→「オプション」をクリック

「詳細設定」→「全般」にある「ユーザー設定リストの編集」をクリック

「インポート」をクリック

「$A$1:$A$9」というのは並べ替えリストのセル範囲です

インポートが出来るとさっき作成したオリジナルのリストが設定されます

「OK」ボタンをクリック

オプションダイアログに戻るので「OK」ボタンをクリック

果物の項目名の上で右クリック→「その他の並べ替えオプション」をクリック

「その他のオプション」をクリック

「レポートが更新されるたびに自動的に並べ替える」のチェックを外す

「並べ替えの第一キー」のリストから追加した「オリジナルのルール」をクリック

「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック

果物名を「昇順」で並べ替える

これで無事に並べ替えられました

手順は多いですが、一度登録してしまえばあとは簡単なのでオリジナルで並べ替えるをしたい時は活用してみましょう

繰り返しになりますが、ピボットテーブルでオリジナルの並べ替えをしたい場合は「ユーザー設定リスト」を活用するのが最適解です

並べ替えが上手くいかない時のチェック項目

もし、ユーザー設定リストで並べ替えが出来ない時は次の点をチェックしてみましょう

【ユーザーリストの並べ替え】

「ピボットテーブルツール」の「ピボットテーブル分析タブ」の「ピボットテーブル」をクリック

「オプション」ボタンをクリック

「ピボットテーブルオプションダイアログ」の「集計とフィルタータブ」の「並べ替え時にユーザー設定リストを使用する」のチェックが入っていることを確認

チェックが外れていたらチェックを入れましょう

これで問題が解決できます

オススメのピボットテーブルの解説書 5選

ピボットテーブルを本で学ぶ時は次に上げるものがオススメです

本はいつでも見ることができ知識の宝庫なので読んで損なしです

スキマ時間などを活用して本で独学や教わったことを復習するなど活用の幅はたくさんあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。