Wordで図形の配置が上手くいかない原因はテキストボックス[図形の選択はオブジェクトの選択]

今回の記事では

Wordで図を移動しようとしても折り返しの設定がどうしても出来ない時がある

設定出来るときと出来ない時の違いや、どうしたらいつも自由に移動出来るのか知りたい

図形が文字列の背景に移動してしまって選択できない時はどうしたら良いの?

マウスでクリックしようとしても文字の選択しか出来ない時の対処方法を教えて

こういった疑問に答えます

✔Wordで図形の選択は配置が上手く出来ない時の対処法のテーマ

①Wordで図形を選択しても折り返し設定ができない原因はテキストボックスです

②マウス操作で図形を選択出来ない時はオブジェクトの選択機能で簡単に選べます

この記事を書いているのはOfficeを約20年間活用しながら

ITを活用したエステの経営マネジメントしている私の経験を基に

「Wordで図形の選択は配置が上手く出来ない時の対処法のテーマ」に関して実体験に基づいて解説しています

今回の内容を一緒にやりたい場合は▼のファイルをダウンロードして下さい

Wordで図形を選択しても折り返し設定ができない原因はテキストボックスです

Wordで図形を選択しても折り返しの設定が出来ない原因は、テキストボックス内に図形を配置してしまってるからです

なぜなら、テキストボックス内に図形を配置してしまうと図形はテキストとして扱われてしまうので配置に関する設定が出来なくなってしまうからです

Wordで図形を扱うコツは「折り返し設定」です

図形の折り返し設定をすることでWord内で自由なレイアウトができるようになります

ところが図形をテキストボックスに挿入してしまうと折り返しの設定ができないことがあるので注意が必要です

今回は、テキストボックス内に図形を設置してしまった場合の対処方法について解説します

例えば、こんな感じでテキストボックスをいくつか使って自由なレイアウトで資料作りをしようとした時

図形をクリックした状態なのに「文字列の折り返し」ボタンが押せない(グレーアウト)状態になることがあります

パッと見は普通の図形なのにどうして「文字列の折り返し設定」ができないのか?

その答えは「テキストボックス内に図形が配置されているから」です

この状態を解決するためには「テキストボックスから図形を切り取って本文に貼り付ける」のが一番簡単な方法です

では、実際にやってみましょう

作業自体はすごく簡単ですよ

図形を選択した状態で「切り取り操作」をします

今回は「Ctrlキー+Xキー」のショートカットキーを使って切り取りました

その結果、何も無い空のテキストボックスだけが残されています

次に図形を本文に貼り付けたいのでジャマになってしまうテキストボックスを適当な場所に移動させます

次に貼り付ける場所をクリック

ここで貼り付けです

今回は「Ctrlキー+Vキー」のショートカットキーで貼り付けます

無事貼り付けが済むので図形をクリックしてみましょう

今度はちゃんと「文字列の折り返し」ボタンが押せるようになりましたね

では、どうしてテキストボックスに図形が挿入されてしまうのか原因を見ていましょう

解説用に次はテキストボックスに色を付けて操作してみます

テキストボックスに画像が挿入されてしまう原因

次はテキストボックスに画像が挿入されてしまう原因について解説します

まずは、テキストボックスを塗りつぶして分かりやすくします

テキストボックスに画像を挿入してしまうのは、きっと無意識にテキストボックスを選択した状態で画像を挿入したことが原因だと思います

「挿入」タブをクリック

「画像」ボタンをクリックして「このデバイス」をクリック

「図の挿入」ダイアログが表示されます

適当な画像をクリックして「挿入」ボタンをクリック

その結果、テキストボックス内に画像が挿入されてしまいました

また、背景色や罫線の色が付いていないとテキストボックスが挿入されているかどうかも分からない

なんてことにもなりますね

そして、今回のように文字が入力されたテキストボックスが近くにあると、いつの間にかコピーされていることも考えられます

コレがテキストボックスに画像などが挿入されてしまうトラブルの原因です

そして、画像を切り取るとテキストボックスだけが残ることになります

また、カット・アンド・ペースト(切り取って貼り付ける)の他にもテキストボックスから画像を分ける方法があります

その方法が、テキストボックス内の画像をドラッグしてWordの本文でドロップすることです

ただ、この方法だとテキストボックスの後ろ側に画像が配置されることになります

その結果、画像がテキストボックスで隠れてしまうという点には注意して下さい

厄介なのがテキストボックスが白く塗りつぶされていると消えたように見えることもあります

マジックのようですが、実際は消えていないのでそんな時は慌てないでテキストボックスをどかしてあげましょう

繰返しになりますが、Wordで図形を選択しても折り返しの設定が出来ない原因は、テキストボックス内に図形を配置してしまってるからです

マウス操作で図形を選択出来ない時はオブジェクトの選択機能で簡単に選べます

マウス操作で画像を選択出来ない時は、オブジェクトの選択機能を使えば簡単に画像を選択することができます

なぜなら、普通の状態のマウスカーソルの場合は文字入力が優先されるので上手く画像だけを選ぶことが出来ないからです

それでは、画像が選択出来ない状態を再現して作業してみましょう

「挿入」タブをクリック

「図形の基本図形」から「楕円」をクリック

文字の適当な場所をクリック

「描画ツール」の「文字の折り返し」をクリック

一覧から「背面」をクリック

これで、図形が文字列の背面に移動します

ただ、このままだと図形をクリックしようとしても選択出来ません

なぜなら、普通のマウスカーソルの場合は手前にある文字の入力が優先されてしまうので、文字の背面にある図形を選択出来ないからです

そんな時は「ホーム」タブの「編集」グループにある「選択」ボタンをクリック

一覧の「オブジェクトの選択」をクリック

これでマウスカーソルの形が「白い矢印」に固定されます

この状態で背景の「円」をクリックします

クリックした結果、図形の「円が選択」されて「枠」が表示されます

この状態だと文字の背面に移動してしまった図形でも選択出来るという訳です

または、「ホーム」タブの「編集」グループにある「選択」ボタンをクリック

「オブジェクトの選択と表示」をクリック

図形の一覧が表示されるので「楕円5」をクリック

これで、図形の選択が出来ます

あとは、「文字列の折り返し」から「前面」などをクリック

これで図形が文字列の手前に来るので、あとは普通に扱えるようになります

図形などを扱う時のトラブルとして結構多いので、文字の背面に図形が移動してしまった時の対処法も覚えておきましょう

繰り返しになりますが、マウス操作で画像を選択出来ない時は、オブジェクトの選択機能を使えば簡単に画像を選択することができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。